非常用電源設備ニュース

ホーム | 非常用電源設備ニュース | 重耐塩塗装を施して安心!

重耐塩塗装を施して安心!

2018/09/02

 
現場は、岐阜県某所(養鶏場)。屋外設置の非常用発電機です。
 
1992年製200KVA。屋外設置ということで、この通り外箱も腐食がかなり進行しています。
 

工事着手前

工事着手前

 
既設発電機は、ラジエーター本体の冷却水漏れにより運転できない状況であり、長期未整備状態の為、修繕見積費用が50万~80万のもなると予想されました。
 
既設発電機メーカーの制御盤関係機器は生産終了となるので、修繕しても今後制御盤関係の不具合が発生した場合はさらに高額な費用が必要です。
 
さらに新たな不具合発生も考えられます。
そこで、費用、さらに機器の信用性もことも鑑み、新しい発電機に更新することを提案しました。
 

お客様(養鶏場)は、万が一、長時間停電が発生した際の事業損害額を心配され費用より安心を優先された末、発電装置更新のご依頼をいただきました。

 

工事着手 切離前アンカー緩放 配線切離

工事着手
切離前アンカー緩放
配線切離

 

本工事は、私有地内でのクレーン使用ができたので、全く問題なく施工ができました。
このクラスの工事は、事前準備をしっかりしておけば、1日で施工完了できます。 

既設発電機離床 25tクレーン荷吊り離床

既設発電機離床
25tクレーン荷吊り離床

既設発電機 搬出

既設発電機 搬出

新設発電機着床準備 既設アンカー切断

新設発電機着床準備
既設アンカー切断

新設発電機着床準備 新設アンカー打設 基礎平面出し

新設発電機着床準備
新設アンカー打設→基礎平面出し

新設発電機荷吊

新設発電機荷吊

新設発電機着床中

新設発電機着床中

新設発電機据付 ライナー調整→アンカー締結→水平確認→コーキング処理

新設発電機据付
ライナー調整→アンカー締結→水平確認→コーキング処理

基礎塗装(防水塗装)は、含んでいませんでしたが、当社工事責任者が、「せっかく発電機本体が新品になったので、基礎も高圧洗浄し、防水塗装を施した方が、お客様が喜ぶのでは・・」と、お客様に内緒で、綺麗に仕上げてみました。

結線状況

結線状況

基礎高圧洗浄

基礎高圧洗浄

基礎洗浄後

基礎洗浄後

基礎防水塗装

基礎防水塗装

基礎防水塗装後

基礎防水塗装後

擬似停電試験 PAS開放→切替器作動確認

擬似停電試験
PAS開放→切替器作動確認

引き渡しの際、お客様から、「今後の台風シーズン、落雷が多い時期もこの非常用発電機があるので安心できます」と、お言葉をいただき、工事責任者も満足していました。
 
設置場所は、一年中湿度が高い森林の近くです。パッケージの錆腐食が心配でした。オプションになりますが、重耐塩塗装(塗装下地に溶融亜鉛メッキ)を施すことで、パッケージの錆・腐食の進行度が全く違いますので、この仕様を採用いただきました。
 

試運転状況

試運転状況

 
試運転確認

試運転確認

 
新設発電機設置完了 200KVA  160KW

新設発電機設置完了
200KVA 160KW

非常用発電機のお問い合わせは
092-441-0005
(全国共通) 携帯電話・PHSからもご利用いただけます