非常用発電機、蓄電池、直流電源装置、無停電電源装置、溶接機部品の「西都電機商会」

 
 
 
株式会社 西都電機商会
 
0120-004-045
8:30~18:00(月~金)
電源部門

電源システムグループでは、停電などの非常時に活躍する非常用電源設備全般を取り扱っています。
これら装置の販売はもとより、搬入据付工事、修理、保守点検など付随する業務すべてを遂行いたします。
修理など製造メーカーに問わず対応可能ですので、まずはお問合せください。
電源部門

 
電源システムグループでは、停電などの非常時に活躍する非常用電源設備全般を取り扱っています。
これら装置の販売はもとより、搬入据付工事、修理、保守点検など付随する業務すべてを遂行いたします。
修理など製造メーカーに問わず対応可能ですので、まずはお問合せください。

蓄電池には寿命があります。
またご使用条件、保守管理の良否などによって寿命期間は変わります。

温度が高い場所で使用していると寿命が短くなります。
  (温度が10℃高くなると寿命は半減します)
充電電圧が適正でないと寿命が短くなります。


周囲温度が25℃の一定条件における据置蓄電池の期待寿命は、下記の通りです。

種類
期待寿命(25℃)
据置鉛蓄電池  CS形 10~14年
HS形 5~7年
HSE形 5~7年※
MSE形 7~9年※
据置アルカリ蓄電池 12~15年
※0.1~0.16C10A放電負荷の場合(C10:10時間率定格容量(Ah)の数値)



<鉛蓄電池温度と期待寿命の関係>
蓄電池表面温度 寿命(25℃を100とした場合) 
25℃
100
30℃
70  
35℃
50  
40℃    35

35℃の場合、期待寿命は半減します。



正極板の伸びによって蓋が押し上げられ、
封口用コンパウンドが盛り上がった例です。

別角度から封口用コンパウンドの盛り上がり例を撮影したものです。著しいときは剥がれや亀裂を起こします。

端子部周辺にクラックが発生した例です。端子封口部(ブッシングと樹脂の界面)に電解液が進入し、ブッシングを腐食、そのとき生成した腐食物の体積膨張によって樹脂(蓋)を破損しています。

正極格子枠骨が腐食によって切損した例です。浮動充電電流によって正極格子の腐食が進行し、格子骨の結晶粒界に沿って腐食が進行し、導電部である格子骨を切断しています。

端子封口部(ブッシングと蓋樹脂界面)から電解液が漏出し銅製の接続板を腐食した例です。

別角度から銅製の接続板の腐食例を撮影したものです。これ以上放置すると接続板が破断する可能性があります。

当社では、蓄電池の販売はもとより、専門技術・知識を習得した技術員による取替え作業や、撤去蓄電池の産廃処理まで、一貫したサービスを提供しています。

事例1)某ビル 直流電源装置用(HS120-6E×18個 取替)

地下電気室の隅に設置されており、
狭いスペースでの取替え作業となりました。
取替え前の蓄電池です。
旧蓄電池を全て撤去した状態です。
左:旧蓄電池、右:新蓄電池です。
作業が完了し、お客様への引渡しです。


事例2)某店舗 発電機始動用(HS80-6E×2個 取替)

取替え前の蓄電池です。
蓄電池内部から漏れ出し酸霧により、蓄電池端子部が腐食しています。
また蓄電池容量も無く、発電機は始動不能でした。
旧蓄電池を撤去し、新しい端子を圧着いたしました。



左:新、右:旧の蓄電池です。



蓄電池取替え後、発電機の始動確認を行い、お客様への引渡しです。

事例3)某ビル 直流電源装置用(MSE300×54個 取替)

取替え前の蓄電池です。

本装置では、直流負荷に受電設備の操作電源がありましたので、作業中の商用停電時に備え、仮設バッテリーを設置・接続いたしました。



新品の蓄電池です。



旧蓄電池を全て撤去いたしました。

旧蓄電池です。

新蓄電池を組込・結線し、また仮設バッテリーの離線・撤去を行い、お客様への引渡しです。