フォークリフト修理・点検なら

株式会社西都電機商会

M E C H A N I C  B L O G

メカニック ブログ 
フォークリフト点検修理の日々

TOPページ | メカニックブログ | フォークリフトのドライブシャフトが破損した場合!

フォークリフトのドライブシャフトが破損した場合!


2018/05/09
 

フォークリフトをお使いの皆様こんにちは!
 
フォークリフトの調子はいかがでしょうか?
 
本日は、パワステと荷役装置が全く効かなくなってハンドルが回せなくなった!
 
 
そんな事例です。
 
お客様からのSOSで、現場に到着するとエンジンは掛かるがハンドルが重く回らない邪魔にならない場所に移動するにも2人がかりでハンドルを回し移動したとのことです。
 

 
早速調べてみると、エンジンからクーリングファン及び油圧ポンプに動力を伝えているドライブシャフトが粉々になっていました!

 
 

これでは、動力が伝わらず油圧ポンプが回りませんね!
 
初期症状としてエンジンを停止させる時に止まる寸前ガチャガチャと異音がしていたはず。
 
お客様に尋ねると、異音がしていて最近音が大きくなっていたそうです。
 
もし邪魔になるところで動かせなくなっていたら大変です。
 
 

 

自分の仕事はもちろん、会社全体がストップしてしまうことにもなりかねません。
 
『なんだこの音は!』など少しでも感じたら、重症になる前に早期発見が大切です。
 
早めにお電話下さい。
 

 
 

 
 

0120-004-045
 

西都電機商会ホームページ
非常用発電機ホームページ