B L O G

メカニック ブログ 
フォークリフト点検修理の日々

TOPページ > メカニックブログ > リーチ.フォークリフトが動かない!電源も入らない!バッテリー?

リーチ.フォークリフトが動かない!電源も入らない!バッテリー?

2019/01/15
 

 

フォークリフトをお使いの皆様こんにちは!
 
本日はこんなSOSの事例です。
 
ある日お客様から、「 うちのリーチが動かなくなった!電源も入らない」とお電話があり、「 バッテリーは毎日充電しているし、液も定期的に補充している」とのことで現場に急行。
 
現場に到着しキーをオン!メーターに電気も入らず何の音もしません。

「昨日充電して帰って今日使おう思ったら電源が入らなかった」とのこと。
 
調べていくと、すぐに判明しました!
電源ケーブルがバッテリー端子の根元で腐食により完全に断線していました。
 
写真でも分かるように青や白の粉が付着しています。

青や白の粉が付着しています。

 
白い粉は、バッテリーを長期間放置したり(自己放電状態)、長期間充電と放電を繰り返すことでサルフェーション(非伝導性結晶皮膜)が発生し外に出て固まった硫酸塩です。
 
青い方は銅錆です。

青い方は銅錆です。

 
硫酸塩が銅の錆を誘発し、完全に朽ちさせていたようです。
 
皆様もお使いの自動車などで見たことはないでしょうか?

今回はバッテリーの寿命が近いこともありますが、日頃からバッテリー液を入れすぎて少し使用しただけで、直ぐ充電するなど、過度な充電を繰りかえしたようです。
 
過度な充電はバッテリーの寿命を縮めてしまいます。

また 白い粉は毒性の高いもで無理に除去しようとして吸い込むと危険です。
 
ぬるま湯で洗い流すと落ちますが、不具合が起きても大変です。
 
西都電機商会にお任せください!
お電話お待ちしております。
 
0120-004-045
 

西都電機商会ホームページ
非常用発電機ホームページ
溶接機ホームページ